ダイエット 朝食

ダイエット中だから朝食を抜くというのは、本当にダイエット効果があるのでしょうか。

そもそも、ダイエットの基本は食事制限と運動です。

食べた分のカロリーを運動で消費していくことでダイエットは成功していきます。

実際どんなことを気をつけていけばいいのかを知らないと、体によくないダイエットになってしまうかもしれませんのできちんと確認しておきましょう。

まず、ダイエット中に朝食を抜くのは避けた方がいいですよ。

ダイエット中に朝食を抜かない方がいい理由

ダイエット中は痩せるために朝食を抜く、という人もいますし、実際、私の身の周りでもそういう人がいました。

特に10代や20代の人はしがちなのですが、朝食を抜いてもいいことはありません。

朝食を食べすぎると太る?

結論からいうとダイエット中でも朝食を食べ過ぎたからといって太る訳ではありません。

ダイエット中でも朝食はしっかり食べた方がいいです。

体が脂肪を蓄える時間というのは、夜の22時以降になります。

朝食をしっかり食べたとしても、夜の22時までに胃の中は空っぽになりますし、消化もされていますので、太る理由にならないのです。

昼間はエネルギーを消費しますので、ダイエット中でも朝食をしっかり食べておくようにしましょう。

ダイエット 朝食 おすすめ

ダイエット中でも朝食はしっかり食べても問題ないということは説明しましたが、それでもやはり食事制限の一環として内容には注意していきましょう。

ダイエットで重要なのは、一日の摂取カロリーです。

朝食で食べたものもそこに加算されるのは当たり前ですから、「しっかり食べる」と言っても、「カロリーの多いものを食べていい」という訳ではありません。

昼間の内にカロリーを消費してくれるので、多少食べ過ぎても問題は無いですが、その後の食事の予定などを考慮した朝食メニューにしていった方が、ダイエットにはいいですよ。

ダイエット中の朝食の基本

ダイエット中の朝食で気にした方がいいのは、「栄養バランスのとれた食事をすること」です。

この栄養バランスというのは、三大栄養素である『炭水化物、脂質、たんぱく質』です。

ただ、炭水化物と脂質は取りすぎてしまうと、太っていってしまいますので、ここの調整が重要になってきます。

ちなみにたんぱく質は、脂肪を燃やすための筋肉の原料になりますので、ダイエット中は逆に積極的に取っていくようにしましょう。

特に女性は筋肉量が少ないので、ダイエット中の朝食であればたんぱく質として魚や豆類を取り入れていってみるといいですね。

ダイエット中の朝食の食べ方

ダイエット中も朝食の食べ方を工夫することで、痩せていきやすくもなります。

ダイエットの邪魔にならない朝食の食べ方を知っていれば、朝食を抜かなくてもよくなりますよ。

朝食は好みに合わせて選ぶ

ダイエット中でも朝食は自分の好みに合わせて選んでいくようにしましょう。

ダイエットにいいものと言うと、サラダやヨーグルト、ゼリー、シリアルなどを朝食に食べていくのもいいとは思いますが、逆にチキンやトースト、プリンなどを食べていってもダイエットに成功する人もいます。

ダイエットのために食べてはいけない、という意識が逆にストレスになってしまったりしますので、食べたいものを食べていくのもいいのです。

重要なのは、一日の摂取カロリーです。

朝食で食べ過ぎたとしても、昼や夜のメニューを調整していくことで、一日の摂取カロリーを規定以内にしていくことも出来ます。

ただ、食べてもいいとは言いますが、夜に急な外食があればダイエットのためのカロリー計算が上手く出来ない可能性があります。

朝のカロリーを抑えておいた方が、昼や夜の食事を自由にしやすくなりますので、その辺を意識して、好みで選んでいいと思いますよ。

朝食を食べる食べないも自由

最初に『ダイエット中でも朝食を食べた方がいい』と書きましたが、カロリー計算の面では、自由に決めていっていい所です。

体調が良くなかったり、なんだか食べる気がしない時に無理に食べる必要は無いですからね。

ただ、ダイエットのために朝食を抜くことで必要な栄養が足りなくて集中力が続かなかったりしてしまうのはよくありません。

ダイエットのために朝食を抜くというよりは、その後の食事を含めて予定を考慮して決めていくのがいいですよ。

ダイエット 朝食メニュー

では、ダイエット中の朝食メニューはどうやって決めていくのがいいのでしょうか。

基本的にダイエットに適しているのは低カロリーのメニューです。

これは朝食に限らず、全ての食事に共通して言えることです。

ダイエットの基本は摂取カロリーを消費していくことですから、食事の内容が低カロリーであれば、消費していきやすくなりますからね。

そこで、ダイエットに適した低カロリーの朝食メニューや食材を紹介していきますので、参考にしてみてください。

カッテージチーズ

チーズは脂質が多くて高カロリーのものが多いのですが、このカッテージチーズは脂肪分が少ないですし、低カロリーです。

更に脂質が少ない分、たんぱく質が多く含まれているので、筋肉を残しつつ痩せていく力になるのでダイエットに最適な高たんぱく質低カロリーの朝食が出来ますよ。

野菜スープ

具を多めに入れても、スープのほとんどは水分ですから、お腹がいっぱいになっても低カロリーです。

ダイエット中は朝食として飲んでもいいですし、夜の小腹が空いた時に飲んでもいいと思いますよ。

具の材料を工夫して、鶏肉などを使っていくと、たんぱく質を摂取しつつ、カロリーを抑えていくことが出来るので朝食におすすめですよ。

ヨーグルト

ヨーグルトは水分が多いですし、カロリーも高くありません。

コンビニなどでも、脂肪ゼロのヨーグルトが売られていたりしますので、ダイエット中の朝食やおやつにしていくのもいいのではないでしょうか。

ふすまパン

ふすまパンというのはあまり聞いたことが無いかもしれませんが、小麦粉を製粉するときに出る、麩の材料「ふすま」で作ったパンです。

普通のパンよりもカロリーが低いのに、たんぱく質がかなり多く含まれています。

ただ、穀物のたんぱく質はアミノ酸(卵や牛乳、豚肉などに含まれています)との相性が悪いので、朝食の時は他のたんぱく質が高い食品と一緒に食べていくのがいいですね。

肉や魚料理

朝から食べるのは気が引けるかもしれませんが、肉や魚にも脂質が少ないものがあります。

サラダチキンなどの皮なしのチキンを選べば、カロリーも抑えていきやすいです。

また、魚は高たんぱく質でカロリーが低いのでダイエット中の朝食であれば魚を積極的に食べていくのもいいと思いますよ。

サラダ

ダイエット中の定番メニューと言えば、サラダかもしれないですね。

ただ、野菜は低カロリーなので沢山食べてもいいのですが、ドレッシングに注意が必要です。

オイルが多く使われているドレッシングはカロリーが高いので、ダイエット中の朝食であればノンオイルのものを使っていくようにしましょう。

ちなみに、ここに先程紹介した、チキンやシーチキンを沿えていけば、更にたんぱく質を高くしていくことが出来るので、朝からしっかり食べたい人にもいいのではないでしょうか。

ダイエット 朝食 コンビニ

ダイエット中はコンビニの食べ物はカロリーが高いのであまり意識が向かない人も多いかもしれませんが、朝食であればそんなこともありません。

前の項目でも紹介しましたが、最近はコンビニでサラダチキンが売られていたりしますよね。

あれをダイエット中の朝食や食事として食べている人が増えているというのも、一時期テレビで話題になっていました。

今でも実際に朝食の時も含め食べている人がいるのではないでしょうか。

また、ダイエット中でも朝食はあまりカロリーを気にしなくてもいいですから、逆にコンビニの食品を食べるなら朝がチャンス、とも言えなくはありません。

もちろん、その後のカロリー調整が必要になってきますので、ダイエット中にどうしても食べたいのであれば、朝食にしてしまうのがいいでしょうね。

コンビニで買えるダイエット中の朝食メニュー

パンが食べたい人

炭水化物はダイエット中の天敵になりますので、どうしてもパンが食べたいという人は朝食に「ブランパン」を選びましょう。

おそらくパッケージに糖質がどのくらいかというのが記載されていると思いますが、1個あたり2.2g程度の糖質なのでダイエットの邪魔にならない朝食に出来ます。

腹持ちがいいものが食べたい人

ゆでたまごは腹持ちがいいので、ダイエット中の朝食にしている人も多いです。

他にもビタミンCと食物繊維以外の栄養素が摂れますし、1個売りしているものもありますから、とても安いです。

殻を取るのがめんどくさい、という人もいるかもしれませんが、そんなに難しいことではないですし、価格の安さと栄養素の面から考えて我慢しましょう。

肉が食べたい人

先程も紹介しましたが、ダイエット中にサラダチキンの存在は大きいです。

価格もそれほど高くないですし、それなりに大きいのに、糖質は3gですし、たんぱく質を多く含んでいます。

人によってはオフィスでそのまま食べているそうですし、しっかりと肉が食べたい人は試しにダイエット中の朝食に取り入れてみてはどうでしょうか。

ダイエット中の朝食は考え過ぎない方がいい?

ダイエット中でも、朝食は自由度が高いと言えます。

朝食でなら食べたいものを食べやすいですし、逆に食べないと力が出なくて仕事や勉強に支障が出たりもします。

ただ、自由度が高くても調整しておいてあとで損をするということも無いですから、夕食や昼食のスケジュールが難しいというのであれば朝の摂取カロリーを抑えられるようにメニューを考えておいていいでしょうね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする